SUBJECT
『シノブ』3話AR
DATE
6月10日

『シノブ』3話AR。
ちなみにARはアフレコの略で、DBがダビングの略になります。
スケジュール的にはアフレコから2週間後がダビングってのが一般的。カッティングはアフレコからさらに遡って1週間前に終わらせて、そのビデオを役者さんに事前に見てもらっておけばBEST。
『シノブ』はアフレコの3日前にカッティング、ビデオを役者に音響制作会社経由でお渡しして、アフレコにのぞむ体勢をとっています。アフレコ前にビデオを役者に渡すことは音響監督からの強い要請。作品の特異性を考えれば已む無し。

そして本日のAR。
万事無事終了。
現場はいい雰囲気です。皆さん何度も色んな映像とかでご覧になったことあると思いますが、たいがいのスタジオは、役者サイドと音響スタッフサイドがガラス越しで作業を行うのですが、『シノブ』も同様。
共に和やかな感じで、役者サイドは圧倒的に若本さんペース(笑)
結構な、台詞の量なのですが、勢いをいかした収録で聞いていて気持ちいいです。
後、全く関係ないのですが、僕個人の偏見なのでしょうか、声優さん皆さんお洒落なんです。特に主役の女性お二人は。
水樹さんとか、多分ですが、雑誌とか出てる服装はまんま自前なんだと思います。
そういえばアニメーターの女性の方も服に気を使ってる方、増えましたね。ちゃんと化粧もされてるし(笑)
昔は凄かったすよ。セルの時代。徹夜で仕上げなんてそれこそピンで止めた髪がほつれながら塗ってるって感じだったもんなー。
やっぱ、デジタルになって、アニメも変わったんだと思います。少しだけど近代化。制作も演助も一丸となってセル塗ってた時代は終わったんすね、ちょっと懐かしいけど、戻りたくないです(笑)。それくらい“セル”作品って過酷だった。実際、デジタルになんなきゃ、こんな作品数は業界的にこなせなかっただろうと思います。よかったよかった。

下記は3話のアフレコ台本。
柴田君、大人バージョンとかリアルバージョンとか好きなんだよね。

SUBJECT
『シノブ』3話カッティング
DATE
6月7日

『シノブ』3話カッティングです。
色付きが50カットくらい…といっても線撮り部分もみな原画レベル。まあ、ダビングまでにはなんとかなるかな。
監督演出話数だが、あまりの忙しさに正直、各話数まで手が回らない様子。頑張れ!

で、カッティングの時の写真が↓
編集助手の加藤さん。

恒例(?)カッティング時の絵をテレビモニター撮影↓

最後にスタッフのご実家からメロンが届きました。
お気遣い頂き、ありがとうございました。
夜、疲れたとき、スタッフのみんなでいただきます。

SUBJECT
『ニニンがシノブ伝』とか『トリスティア』とか『双恋』とか
DATE
6月3日

今日は『シノブ伝』の2話ダビング。
アフレコは、声優さんのスケジュール調整で1週お休み。本当に声優さんのスケジュールですからね、飛ばしたのは。決して、制作上の都合ではありません(笑)。
ま、実際、アニメなんで、遅れてはいて「どこかで飛ばしたいなあー」とは思ってたのでよかったのはよかったのですが、こんなに早く貯金を使ってしまうことになろうとは…。

で、あまりにバタバタなので、今日も日誌はパスかなあーと思ってたのですが、「こんなの上がりました」メールがいくつも届いたので、下記にてお知らせです。

まず1つめ。
ドラマCD「ニニンがシノブ伝」第1巻『忍と楓の☆ニニンがラジオ伝』
なにやらサンプルとして何分かドラマCD本編が聞けるとのことです。
http://www.animate.tv/pv/detail.php

ふたつめ。
“TVアニメーション『ニニンがシノブ伝』アフレコ現場から動画メッセージ!”
水樹さんと川澄さんのインタビューみたいです。
http://www.animate.tv/news/detail.php?id=atv040603o

みっつめ。
『トリスティア』オフィシャルHP大リニューアル。
何やら次々と矢つぎのように色んなことをやってるアニメですね。
テレカにナンバリングしてるのは、見てビックリしました。
ぶっちゃけ「OVAでここまでやんの?」くらい担当者様頑張っております。
http://www.tristia.net/

よっつめ。
『双恋』アニメ化発表!!!
http://www.mediaworks.co.jp/users_s/gs/index.php

うちとしては、『トリスティア』に続くzippers第2弾です。
コツコツと随分と前から進めてたもので、余力をもってスタート!(ホントカイ!)

という本日は“宣伝”日誌でした(笑)

SUBJECT
『ニニンがシノブ伝』のここまで①
DATE
5月30日

今日は時間的余裕があったりする昼下がりなので、『ニニンがシノブ伝』のアニメ化にいたるプロセスを書いてみようと思います。

「この作品をやらない?」
と言われたのは『住めば』をやってる最中で、7月あたり、もうアフレコは始まってたように思います。
単行本を2冊渡され、「とにかく読んでみます」って。
感想はとにかく文字数が多い(笑)
スタッフに「どう?」って聞いてみると、思いのほか反応がよかった。
社内に席を置くスタッフ、特にアニメーターさんで古賀さんの単行本持ってる人は多く、デザインや作画監督、演出、原画と無敵の働きっぷりを見せてくれている小船井さんや作画監督で入る高橋くんもそのひとり。

個人的に映像つくりは、名前じゃなくて、“情熱”と“継続”だって本気で思ってまして(一握りの天才様は除外)、そういう意味では、作品に合う合わないがあるので、『住めば』と100%同じではなくとも、限りなく近い形でやりたいと。
これを称して、Kさんからよく「“浜省”っすねぇ」とよくちゃかされますが、まあ、そんな感じ。

『住めば』にシリーズ通して参加してくれたスタッフをひとりひとりあたって “(ufotableが)何のためにこの作品をつくって、そのためにこうしたい”を話しました。
『メイド』の監督に決まっていた野中さんも「終わり次第かけつけてくれる」という。嬉しいね。
一番もめやすいキャラデのところも、柴田君のキャラデ作品を定期的にやってきたいという想いを置いておいても、実際、いいキャラ表があがってきた。
まついさん、外崎さんに関しては、古賀さんから「やってもらえるんですかぁ」とまでの言葉を頂戴し、これにて全てクリア。
『住めば』同様、相変わらずこういうところは恵まれていて感謝です。
そうそう、古賀さんに、本編用に作画を依頼。快く引き受けてもらえました。どこかの話数に登場するのでお楽しみに、にです。

そして、大変なのは、“どういうアニメにするのか?”って点。
ただでさえギャグは難しい。
しかも、『シノブ』はギャグはギャグでも、ギャグとしておもしろい点が、典型的なギャグの方法論と違い、古賀さんのセンスによる比重が大きすぎる。
真面目に困りましたよ。結果はアニメを見てもらうことになるんだけど、この作品が1年続くものだったら、1クール様子見ながらやりつつ、3クール目くらいから脂が乗ってきて!みたいなのもありなんだけど、結構な短期勝負。とにかくきちんと方法論を見つけてスタートする必要があるわけで、答えを探して実験というかテストを行いました。

そのひとつがアフレコテスト。
アフレコの本番が始まる前に、各キャラクターのしゃべり方から、テンション、間、スピード感、ひとつひとつ検証してみたいって音響監督に相談しました。
この作品の命は、そういうものだって思ったから。
音響監督もそういことはやったことも聞いたこともなく「どうするんすか?」って。要はコンテを上げて、コンテ撮影を行い、そこに声を収録してみるっていう試み。通常、スケジュールが超ヤバイ時に自然とやらざるえないものを、作品のクオリティを上げるために手間とお金もかかるけどどやってみようっていう。
結論、音響会社も協力してくれて、ひじょうに意味のある試みとなりました。(金額もほんとミニマムに抑えてもらい助かりました。サンキューです。)
実際、この収録をもとに再度、テンポが悪いところを削ったり、シーンを足したりとコンテ直しも行ったし、ひじょうによかったのは、音楽家にその収録テープを渡せたこと。
音楽打ちをする際に、動いていないまでも、声は入って、シーンはカットとして流れるわけで、イメージの伝達には相当に役立ったように思います。
この段階では声優さんはまだまだオーディション前で仮でお願いしたのですが、オーディションで選ぶ際の指針としても効果的でした。

まあ、それ以降も、色々とやり続けてはいますが、そんなかんなでアフレコも始まって、後1ヶ月くらいで放送ってわけで、日曜の今日もお仕事お仕事です(泣)。

放送日がいくつかフィックスしたとの連絡が入りましたので(このメールを書いてる最中に)、オフィシャルに載っける前にここにてフライング。

| CBC(中部日本放送):7月 7日より毎週水曜日深夜:26:25~
| CTC(ちばテレビ):7月 9日より毎週金曜日深夜:24:30~
| tvk:7月10日より毎週土曜日深夜:25:00~
| TVS(テレビ埼玉):7月10日より毎週土曜日深夜:25:00~
| MBSでも放送予定

SUBJECT
「トリスティア」後編のアフレコとかいっぱい
DATE
5月28日

メインスタッフの方が日記とか「忙しい以外、書きようないっすよね」っとおっしゃってましたが、“その通り”
実際問題、「今日、何カット原画上がったぜ!」って日記で書いてもしかたないわけで、要約すると“忙しい”になるわけです。

何日前から話そうか…
とにかく今はAM2時18分。
高円寺の駅前の「富士そば」から戻ってきたばっかです。
「また富士そばかよ!」とお思いの方、今週3度目。
で、お腹いっぱい頭回んないのでゆっくりだらだら日記の更新というわけです。

とりあえず、おとといの水曜日は、昼間、企画の打ち合わせから、夜は『トリ』のカッティングの流れ。だったのですが、18時スタートが色々あって、深夜の12時に。途中で監督にまかせてスタジオに戻る。
次の日は朝10時から赤坂で『シノブ』の1話ダビング。監督ボロボロ。シリーズD(イニシャルDみたいっ)も完徹流れでグロッキー。お二方ともお疲れ様っす!
ただ、ダビング自体はいい感じで、作業も14時には終了。その後、お弁当食べつつ、今後についてなど軽く談笑し、15時から、音響スタジオにてシナリオライターに来てもらい打ち合わせ。「(エース宗方並に)時間を無駄にしてはいかんっ!」
16時からのアフレコが3時間ばかしで終了。早い。その時の模様は…って模様じゃないね。以前、音響制作の方に顔出し願ったのですが、hpを見て「気に入らん」とおっしゃりまして、本日リベンジ。
如何でしょう?↓

さらに、スタッフの中に下妻さまが登場されましたので、これもすかさずアップ!
購入場所は丸井のプラス1と白状。↓

アフレコ終わったら、監督、シリーズDはそのまま雑誌インタビューへ。
それからスタジオに戻ってきて、即効、CM(6月末にはタイトル出せそう)の撮影上がりのラッシュチェック。
少し時間を巻き戻して、音響スタジオで監督は「帰る!」と言ってたのですが、スタジオに戻ってきたらジーンズメイトで着替えをフルセット買ってきて銭湯へ。そして、そのままスタジオで泊まって(偉い!)、次の日は朝から『トリスティア』のアフレコ。私と監督はアフレコ終了後別れて、私は5月30日発表の某アニメ作品のシナリオ打ちへ。

そうそう、『トリスティア』も過去の作品同様、キャストの方々にポスターにサインを記念に頂きました。ありがとうございます。音響監督のサインもらうの忘れました。今度、うちに来ましたら書いてください(笑) ↓
さらに台本の絵柄も↓

というここ3日間でした。
他にもまだまだ調整(制作のひとりが事故ったとか)やら打ち合わせやらあったのですが、もうお腹もこなれてきたので、仕事に戻ります。
それではお疲れ様でした。

いっぱい書いたなあー

SUBJECT
まつば
DATE
5月23日

ヤバいっす。
時間も限りなくなくなってきて、食べるのだけが楽しみになってきた…。
これはイカン、と思うのですが、外回ってると、頭に浮かぶのは「どこで食べよう?」、そればかり。
イカン!と頭を切り替えて、車ん中では車ん中でやんなきゃなんないことあって、最近では音楽すらかけないようにしています。

で、今日はどこで食べたかというと「まつば」。
「まつば」とは、藤子不二雄『まんが道』に出てくる中華料理屋さんのあの「まつば」です。
「えっ、実在すんの?」と思ってる皆様、まだあるんすよ。
個人的に『まんが道』は藤子先生の中で一番好きな作品で、昔は煮詰まったりした時とかよくペラペラとめくって気持ち盛り上げてました。よくないのは思わず読み続けてしまうこと(笑)。なんか読み続けちゃうんだよね。それだけおもしろいっちゅうことなんだけど。
今は入り口に、『まんが道』の単行本のコピーとか貼ってまして、中には、両先生が店内で食事されている写真と、『笑うセールスマン』のカラーイラスト付きサイン色紙が飾られてあります。
ぶっちゃけどうってことない普通の中華料理屋さんなんですけど、やっぱこの店の向こうに、トキワ荘の色んな物語が浮かんできてタマリません。商品の方も、つけ麺なんか、550円で、値段の割りに具がてんこ盛りで、激ウマってわけじゃないけど普通においしいです。
いつも車なんで最寄り駅はわかりませんが、業界の皆様、中村プロの近くです(笑)。ぜひ足を運んでみてください。

現在24時。
さあ、これから2本打合せ。
場所は(一本目)深夜なら車で50分。(二本目)&そこから40分強くらい。
頑張るっす!

SUBJECT
今日のラーメンははずれだった…
DATE
5月22日

「チャンプル」凄かった。
次の日、「チャンプル」の制作会社マングローブのKさんに電話したね。「おめでとう」って。
会社立上げから何年かかかったけど、だからこそ喜びは大きいだろうし、本当に最高のスタートだ。
クライマックスの花火はその意味もあるんだよ、きっと。

彼とは、赤坂のえげつないくらい高いバーで飲んだことあって、それこそ『土曜なんとか』っていう2時間ドラマにまんま出てきそうな雰囲気のバーなの。もちろん、僕らにそんな余裕があるわけなく、ある方のお招きで。
そこで彼は迷いなく『哀戦士』を歌ったのさ。しかもシャウトあり。まさに(元)サンライズ魂(笑)。
格好いいね。他のお客もびっくり。
こりゃ負けちゃおれんと、こっちは『めぐりあい』を続けさまに熱唱。
そんなことを思い出しました。
先は遠いが最後までガンバレー。

SUBJECT
「シノブ」2話アフレコ
DATE
5月20日

ドラマCD、1話、と2度のアフレコをへて、役者の皆様、ノッてまいりました。
とにかくテンションたけぇー。
たけぇーという以上に、テストでこんだけやって本番もつのかぁ!状態。
いち観客として「いいもの見せて(聞かせて?)もらいました。堪能です。
個人的には、一日中外回り続きで、22時過ぎでようやくのスタジオイン。その足で打ち合わせ部屋へ。机に座れたのは日付変更線あたり。バテました。

画像は、音楽制作をされている石橋嬢とアフレコスタジオ、2話のアフレコ台本です。

SUBJECT
シノブ」2話カッティング
DATE
5月17日

「ニニンがシノブ伝」2話カッティング。
機材の調整でスタートが遅れて、終わったのは24時過ぎ。

今日もカッティングの部屋のモニターを撮影。
もうひとつの画像は、オープニングのコンテの打ち合わせから。

流行から遅れること半年以上?
ある奴が太っちゃいないのに「絞るっすよ」とヘルシアをこれ見よがしに買ってきたので、(負けてなるものかと)追随。試しに買ってみました。
味、濃いっすねぇ。

SUBJECT
雨の日曜日
DATE
5月16日

AM3:00。
日曜も、ど深夜というのに制作部&デジタル部はオールスタッフ作業中。
作画も結構残ってる。
「トリ」に「シノブ」。&もろもろ。
うーん、まだまだ5月中旬。

“夏まで持つのか?”
“夏を乗り切れるのか?”

と思うのですが、色つきアフレコっすよ。色つきアフレコ。
先ほど、別スタジオにお邪魔したのですが、こちらも戦闘中(笑)。
頑張ろう!
前にも後ろにも、頑張る以外の答えなし。


creator's office ufotable