SUBJECT
フィッシュカツ
DATE
7月3日

実家から『カツ』が送られてきました。
正式名は『フィッシュカツ』
高価なものではないのですが、東京にはこの食べ物は存在しなくて、子供の頃から食べ続けた僕には大好物。送ってもらって嬉しい一品です。
魚の切り身をこねて揚げてあるのかな?
わかんないけど、子供の時は、朝ごはんのおかずにカツがあると嬉しかったなあ。
白い御飯とか食パンとめちゃめちゃ相性良くて、
さらに付け加えると、
これにはカガヤのお好み焼きソースは必要不可欠でこのソースがないと美味しさ半減。僕にとってはカツとひとパックです。

だから、何やねん!という内容ですが(笑)、
『シノブ』2話の納品も終わり、忙しいながらも、精神的に落ち着いた一日を過ごしたせいかな、こういう話題を書けるのも。
でも、もう26時過ぎだけど…。

ただ、みんなも経験あると思いますが、食べきれない量が送られてくる…。
まあスタジオに置いておけば数分で消えるので問題ありませんが(スタッフのみんな、珍しそうな顔して口入れてました。みんな初めてみたい)、学生ん時とか、みかん一箱!とか送ってくるもんで、食べきれないで腐ったこともあったりして…まあ、贅沢ってもんですね。すみません。というわけで、今日は昼ごはんも夜ごはんも、おかずはコレ。
もちろん、白い御飯と超熟の食パン。
ご馳走様でした(笑)。

SUBJECT
『ニニンがシノブ伝』1話納品完了
DATE
7月1日

納品にむけて、最後の調整のここ数日。
オフライン編集スタジオとオンライン編集スタジオ、音響スタジオ、効果音の製作現場と細かい動きの連続。
直しては入れ、上がっては確認の連続。
演出も作画監督も色指定も仕上げも、とにかく何かアクシデントがあってはいけない、と24時間体制。
走って走って走って、無事、『ニニンがシノブ伝』1話の納品完了しました。
よかった、です。
感想だったり、裏話しは今度に書くとして、とにかく“ホッ”としました。
ついで、2話も明日納品予定、『蒼い海のトリスティア』第2巻の特典映像も間にあい、一つ目の山を越えた感じです。

そして、昨晩は社内のスタッフを集めて、完成試写。
ちょっとしたパーティも兼ねて、手作り料理を用意。調理は制作の女性陣&もろもろ。
21時からスタート予定だったのですが、『シノブ』のV編が予定より時間がかかったこともあり22時過ぎ、『トリ』の試写からスタート。
私が『シノブ』1話の完成Vを持って戻ってきたところが、ちょうどタケカワさんのEDが流れているところで、ジャストタイミング。
早速、できたてホヤホヤの『シノブ』1話のVHSをデッキに入れ、試写スタートです。
オープニングはほとんどのスタッフが初見。
燃えたね。

↑の下2枚は試写を行った打ち合わせ部屋の、ホワイトボードに誰かが書いた落書き。学美?

SUBJECT
超久々『住めば都のコスモス荘』ニュース
DATE
6月26日

昨晩、メディアワークスの方と打ち合わせだったのですが、持参頂いたのが、コミックス第3弾とTシャツ。

コミックは待望の最終巻っすね。
矢上さんお疲れ様でした。
『住めば都のコスモス荘』という大きく広がったコンテンツの大団円、最後を締めてくれた感じがします。あらためて参加させてもらってありがとうございました。

そして、Tシャツ。
これが笑いました。
ジェネオンさんが北米での宣伝用につくったと聞いたのですが、“まんま”(笑)。
このヒネリの無さがたまりません。
ちょっと偏見入ってますが、アメリカっぽーいなあ。
アメリカでのタイトルは、『ULTRA DIAPER MAN DOKKOIDA!?』のようですね。
今、スタッフ用に「いっぱい頂戴!」っておねだり中。

『住めば~』のHP。
もう終わって1年近く経つし、「そろそろかなあ」って思ってたのですが、担当者に聞いたら、「毎日4桁のアクセス数がありますよ」って。
おいおい、全く更新してないのに。
ちゅうわけで、担当者と話しして、BBSをつけるなり、何らか少しづつでも更新していこうかなーって話ししてます。もう少しお待ちを。

SUBJECT
『トリスティア』緊急企画第四弾。今日はロボット編+美術
DATE
6月25日

『トリスティア』緊急企画第四弾。
今日は第四弾、ロボット編+美術を。
この画像だけ見ると「何のアニメじゃい?」って思うかもしんないですが、ちゃんと『トリスティア』です、『ナノカ』です(笑)。

メカ作監ならびにメカ書きアニメーターの尋常じゃないロボットの描きこみと動きも観てくれたら嬉しいです。
とっても大変なことをやってます。
お疲れ様でした、ホント。
メカ好きの駒都さんもきっと喜んでくれると思います。もう明かしてもいいと思うんで言っちゃいますが、駒都さんから「こうしてほしい」という注文というか、シナリオとかキャラ表とか提出するんだけど、NG全くないの。
あるのはメカのギミックばかり(笑)。
メカはデザインのラフ案もいっぱい送られてきたしね。
それも実に腰の低い方で、「もしやってくれるなら…」くらいの。うちらとっても原作者には恵まれてます。

制作日誌に出した画像点数は少ないですが、フォーリィもラファルーもネネも、ちゃんと出てますので安心してください。ネタバレだったり、話しがわからないように画像をキャプチャーするのって、やってみたら思ったより難しいし、そうなるとそんな点数ないんですよ。「これキャプチャーしたストーリーがわかっちゃう」ってとこばっかで。

後、美術の草薙も濁りのないきれいな背景で、とても作品にあっているように思います。第2巻の背景が上がって、「1巻より(クオリティ)上がってますね」って聞いたら、「慣れただけですよ」って。謙遜です。

PPV納品完了しました。
残りは特典映像。後、もう一息っす!

SUBJECT
『トリスティア』緊急企画第三弾。今日はキャラクター編“ナノカ”
DATE
6月23日

『トリスティア』緊急企画第三弾。
今日は第三弾、キャラクター編として“ナノカ”を。
やっぱりトリスティアっていったらナノカだもんね。
というわけで主役らしくどっかり9連発で行きましょう!
タイトルも『蒼い海のトリスティア』じゃなくて、『ナノカ発明奮戦期~トリスティア編~』でもいいくらいとだと思うんだけど…。

それでは、ご堪能ください。

SUBJECT
『トリスティア』緊急企画第二弾。今日はキャラクター編“パナビア”
DATE
6月23日

『トリスティア』緊急企画第二弾。
今日は第二弾、キャラクター編として“パナビア”を。

現在、『トリ』第2巻の特典映像の作業中です。
1巻とは全く趣向を変えたものになっています。またしてもリッチにアニメです。動画です。
もうとっくに告知済みのようですが、第一巻の特典映像の原画&作画監督を担当してくれた柴田ゆかちゃんが、『トップ2』一巻の作監を担当されています。若いのにすごいです、ホント。ガンバレー。楽しみにしてるよ。

SUBJECT
『トリスティア』緊急企画第一弾。今日は“お風呂”
DATE
6月22日

『トリスティア』ダビング終了しました。
どうしてもTVシリーズの“レギュラー”を基本にスケジュールをつくっていくのでOVAは“イレギュラー”というか、監督と音響監督のスケジュールが全く合わず、延ばし延ばしで今日になった次第です。それも夜10時スタートの、終わりが深夜の2時くらい(現在、朝の6時過ぎ…眠すぎ)という、まあ、そんな感じ。

そして、『トリスティア』緊急企画第一弾。
Tプロデューサーから、「『シノブ』ばっか日誌に書いてエコヒイキだ!『トリ』ももっと取りあげろ!」と詰め寄られまして(笑)、まあ、取りあげないというか、書かない理由はDBの日程決めだったりと同じなんですが… そいうわけで、緊急企画と勝手に称しまして、何回か連続で『トリスティア』後編を盛り上げていきたい次第です。
で、何をやるかというと、しこしこと仕事の合間にダビング用素材のVHSからキャプチャして、画像をのっけようかな、と。
今日は第一弾、“お風呂”。

あまり載っけすぎると買う楽しみもなくなっちゃうのでホドホドに。
この画像にある、【タイミング】の文字。
再撮影を行うという意味なのですが、なんで再撮影になったのか?
勘のいい方は「シャキーン!」ってところでしょうが、その通りです(笑)。

SUBJECT
シノブ4話アフレコ
DATE
6月19日

書き漏れましたが、『ニニンがシノブ伝』#4アフレコ、木曜に終了しています。
その日は音響まわりのスタッフとの打ち入りというか、アフレコ上がりで食事に流れました。ぶっちゃけ、飲み会なんですが、深夜の作業が相当残っているので、監督も私も、この話数の演出もお酒なし(泣)。そして、恒例(?)女性スタッフの写真撮影。録音調整助手のお嬢、年齢聞いてビックリの若干25歳、わっけー。
ぜひ、「この写真を!」とのご本人のご希望に添いまして、ブリブリ&おバカの2本立てで。

それはそうと、この業界の女性率は相当に低いです。
うちでいうと女性は7人。パーセンテージでいうと約17%しかありません。しかも、業界的に女性は仕上げや背景というセクションに固まっているので、より少なく感じます。頑張って業界を辞めないで、そんで、出来るだけ同じ業界の人と結婚してくれると嬉しいなあー。 …だって、結婚してる率でいうと、さらに減って4%。独身だらけです。ただ、スタッフ足りないで、共働きでよろしくっす。
こんなことばっか書いてると、誰も業界入ってこないな、ほんと。それだけ目もくれずに仕事に打ち込める魅力のある仕事っちゅうことで、はい!(力強く)。

そして、食事会は、みなさんより少しだけ早く席をたたせてもらい、残った焼きおにぎりをスタッフのお土産にスタジオへGOBACK。
「まついさん、(深夜)2時までに10カット出してね」と監督を3階の作業部屋へ送り出し、私は4階の制作部屋へ。それぞれ深夜の作業に戻っていきました。

↓は4話のアフレコ台本。

SUBJECT
不夜城 『サモンナイト GBA「SNクラフトソード物語2」』
DATE
6月18日

『サモンナイト GBA「SNクラフトソード物語2」』のCMのアニメーションパートの制作をさせてもらいました。
本日、後何時間後かに放送する『セーラームーン』の枠で流れるとのご連絡をクライアントさんより頂きまして、ようやくここにて公表できる次第です。
制作自体は、打ち合わせが2月終わりくらいからスタートしていて、納品が5月末日にて終了。
本日、完成したものがユーフォーに届きました。何パターンかのCMと、店頭用VTR。アニメーションは40秒以上作ったので、15秒CMではカットが入りきらなかったのは残念ですが、店頭用VTRでフルに入っているのでぜひ観てもらいたいです。
すごくすごく制作がうまくいった作品で、クライアントだったり、スタッフ間のやりとりだったり、上がったクオリティ、ほんといいイメージしか残っていない。素晴らしいね。
納品終わって、「まだまだこうしたかった」は監督の弁ですが、贅沢ってもんですよ(笑)。次回は、その“贅沢”へ挑戦しましょう!!!
スタッフクレジットだったりコメントだったりを、オフィシャルビジュアルブックに掲載してくれましたので、ご覧ください。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。近日中に白箱持って参ります。

SUBJECT
『シノブ』3話CT
DATE
6月15日

『シノブ』4話CT。
前にも書いたかもしれませんが、CTはカッティングの略です。
色がついているのが全体の1/3くらい。
下記におなじみラッシュフィルムの場面写を入れましたが、背景がついてないのが泣ける。業界用語で、こういうのを色付きタイミングといいます(泣)。
それにしても1話から4話までのここまで、よく動いています。“動いてナンボ” と思っているアニメ好きの方はどうぞ楽しみにしてくだださい。かなりOKです。

下記は、編集終わって、出力作業の模様。アーロンチェアを強調して撮ってみました。たけぇーんだこの椅子。15万オーバーです。すっげー。
でもね、実際、座り心地いいんで、価値はあります。後、特徴としては前傾姿勢で5度倒せるという点。これは他の椅子ではほとんど見かけない機能。そのためか、漫画家で使ってる方が多いとよく聞きます。
デザインオフィスでもよく見かけますが、こっちは多分、機能よりルックス…。

SUBJECT
不夜城
DATE
6月12日

完全に不夜城に入りました。
このアニメ業界といえど、いやこのアニメ業界だからこそ、「電気代もったいないので夜の12時以降に会社に残っちゃいかん」指令が出ている会社をいくつか知っているのですが、
“12時以降当たり前のように仕事していることが間違っているのか?”
“それくらいの電気代すらケチらないといけないアニメ業界が悲しいのか?”
僕にはわかりません…。
ただ、言えることは、電気代なんかかかってもいいので、“頑張りぬこう!”ということ。

作画マン、神経削って枚数使って書き続けてます。
制作も粘り続け、眠い目こすって走ってます。現在27時23分、フルメンバー仕事中。でも事故んないでな。
仕上げも、デジタルも皆同様。そうそう、忘れちゃいかん、クレイ班も黒カーテンで窓をつぶした部屋に閉じこもっりぱで追い込みやってます。

というわけで、うちのスタジオにとって今年の夏は昨年より早くやってきてしまっています。
ただ、言えることはスケジュールが厳しいだけで不夜城になっているわけではないということ。残ったスケジュールと求めるクオリティを考えると、ここまでやらないといけない!ということ。
実際、9話の作画にも入りました。
コンテも残すところは後3本。
どこまでこだわり続けるか。今年の夏も、作品同様、舞台裏のドラマも熱くなりそうです。
余裕ないので、日誌も自分に“活っ!”でマジっす。

↑制作の作業机。


creator's office ufotable