SUBJECT
ディスガイア2
DATE
12月6日
今日、メディアワークスさんの新雑誌『ま王』に
『ディスガイア2』ゲームのOPアニメの記事が掲載されていることを知りました。
まあ、仲間が気をきかせてスタジオに持ってきてくれたわけなんですが。
ゲームはなかなか公表の時期が難しく……。
はい、OPと本編の制作をやらせてもらいました。
日本一ソフトウエアさんがアニメーションをゲームにつけるのは始めてとのこと。
希望としては、「「フタコイ」のOPみたいにしてほしい」との依頼で、監督は非常に困ってましたね(笑)。
「フタコイ」とはまたベクトルが違いますが、
一度OKで進めていた絵コンテの内容を、さらに追加で演技を足しまくったり、
打倒「フタコイ」なのか、行くならば行け!なのか、スタッフは盛り上がってくれて良い仕上がりになったと思います。
スタッフの皆様、御疲れ様でした。
まだ、スタッフは発表になってなかったので、いずれ。


ディスガイア2公式HP↓。
http://disgaea.jp/index.html

今、公式観させてもらったら、キャラ表やら、場面写がアップされてました。
是非、そちらも。

*スタッフが出ました。なんとタイミングのいい。
 なので文章を追加します。
 監督が外崎さん、他にもあらゆるパートを担当する大車輪で、
 原画で「マリみて」キャラデの松島さん、
 さらに、『フタコイ』で、恋太郎&親父、両方の探偵キックを担当したきむにいやんもやってくれました。
 色彩設計、撮影監督は『フタコイ』布陣で千葉に松田君。
 美術監督は『アキラ』の海老沢さんというリッチなメンバーでした。


SUBJECT
漫画も奮闘中
DATE
11月23日

社員旅行レポートパタヤ編は次回以降に回して、
本日は、電撃大王連載「まなびストレート」第2話と
コミックラッシュ連載「コヨーテラグタイムショー」第1話のご報告です。
「まなびストレート」第2話は掲載号がすでに書店並んでおりますのでよければご覧ください。
電撃大王のHPはこちら↓。
http://www.mediaworks.co.jp/special/daioh/

そして、すでに告知となっています、
コミックラッシュ「コヨーテラグタイムショー」掲載号がいよいよ発売間近です。
旅行前に必死で仕上げたひとつがコレ。
編集長自ら徹夜でスタジオに待機。
デジタル化したものをページが上がったと同時にチェックをもらい、
ラストページが上がったと同時に僕らは鍵を閉めてそのまま成田へ。

第一回は雑誌の表紙と巻頭カラーまで頂戴し、
さらに49ページという恐ろしいボリュームで船出です。
コミックラッシュのHPはこちら↓

http://rush.jive-ltd.co.jp/
宜しくお願いします。

SUBJECT
タイ記録①~バンコク編~
DATE
11月19日

タイの社員旅行の記録を制作日誌にして残しておきたいと思います。
11月12日から16日までの3泊5日のタイ旅行。

作品づくりをしていくうえで、
スタッフの結束は絶対だし、
一緒に頑張ったスタッフになにかしらしていきたい。
一年に一度は一緒に旅行でも行きたいなあ、できれば海外で。
これは会社設立した当時から、宣言した達成目標のひとつでした。

まあ、そういう能書きはおいといて、行く以上は遊べ!遊べ!

監督はいきなり成田空港でデジカメを取り出してカシャカシャ。
いまやってる作品で空港がでてきてるのでその参考に。
で、そこを新人の原画マンが担当してるんだけど、
フラフラしてて、意識がたらんと!と、まあ怒ってるわけです。
こういうの個人的には「もっとやれ!」。

一番左は飛行機に乗ったところ。今回はANA。
ANAになったのは偶然なんだけど個人的には食事だったり機内でのモロモロは
日本人向けなわけで非常に居心地よかったです。
左から2番目と3番目は移動バス。2台に分かれての移動。増えたものです。
今回は44名が参加しました。
左から4番目は1日目と2日目のホテル【メナムリバーサイドホテル】。
2日目はこのホテルの横の船場から船に乗って遺跡めぐりに出発しました。

1日目はホテルに到着した時点で暗くなってたので、だいたいはお酒飲んでワイワイ。
2日目から本格的に始動。
左から1番目は1日目の夜、早速ムエタイ観戦に行ってきたスタッフからの提供。
左から2番目は船からとった遺跡。
左から3番目はバス2号車の集合写真の風景。
これがとにかくガイドさんに言われたままに並んで撮影されたのですが、続きがありまして、
5時間後くらいに見知らぬ女性が2名、バスに乗ってるくるわけですよ。
それで、いきなり車内全員に集合写真を配布。
それには二場所で撮影した2枚の集合写真と個人の隠し撮りが一枚(ほんとにいつ撮ったの?)。
で、集合写真が1枚1000円で計2500円。
もう全員分プリントしてるんだけど、いる人だけ売って、いらない人の分はそのまま廃棄(するんだろうな)。
これがタイ流なのか、
この後、象に乗ったり、4日目に海へ行ったのですが、同様のことがありました。恐るべしタイ!です。

とにかくいっぱい回りました。
エメラルド寺院、暁の寺院、王宮。
途中、昼食があって午後からはアユタヤ。
アユタヤとしか聞いていなかったので1箇所かと思ってたら、4、5箇所回ったのでは。
で、これまたタイっぽいのは、
これは、後で2号車のスタッフから聞いてわかったことなのですが、
1号車と2号車、一緒に動けばいいのに、「なかなか会わないなあ」と思ったら、
ガイドさんの判断で、何かを飛ばしたり、
買い物でいくつか寄ったのですが、そこも寄ったところが違ったり、と、
コースが違ったみたいです。

この後は、みんな一緒に合流してタイスキを食べました。
そしてほとんどの人は買い物に行ったんだと思う。
24時くらいまでは普通にやってた。
左から1番目、2番目、3番目がパッポン通り。韓国の南大門市場や上野のアメ横な感じ。
左から3番目は値段交渉しているところ。
最初1800バーツ(1バーツ3円)って言われたのが、結局200バーツや300バーツになったりします。
この交渉を楽しむ場所なのかも。実際、楽しかったです。
で、その後は、ホテル近くのタイ料理屋で延々と飲んでました。
一日目の夜食で勝負した店だったのですが、めちゃめちゃおいしくて二日連続。
屋台で食べるな!とのお達しだったのですが、店と屋台の間くらいで微妙(とりあえずお腹を壊すこともなく)。
途中、コンビニに行きかけたデジタルチームを呼び止めて、10数人くらいで3時過ぎまで。
とにかく、タイで飲むシンハービールがおいしいんだ。
今、一緒に仕事してるクライアントと戻ってから話しに上がったんだけど、
彼もタイに実写の撮影で行ったことがあって「うめえー」ってシーハービールを飲みまくってたんですって。
それで日本に戻ってからも飲んだら「?」って。
向こうの温度だったりの環境で飲んだらおいしいのか、それとも日本用があるのか、わかりませんが、
とにかくシーハービールがおいしくて、こればっか飲んでました。
次の日は6時30分モーニングコール、7時30分出発のハードスケジュール。
そんなバンコクでした。

次回、パタヤ編。

SUBJECT
タイ
DATE
11月16日

昨年のグアムに引続き、
今年はタイへ社員旅行に行ってきました。
先週の土曜から今朝まで3泊5日の旅。
行く前は修羅場を終わらせて旅立ち、
行ったら仕事のことはとりあえず忘れて、楽しんで楽しんで楽しんで、
今朝は8時30分に成田到着でそのままスタジオで仕事イン。
もうフラフラです。
せっかくなので、次回の制作日誌にでも記録の意味も込めてまとめられればなあと思っています。

取り急ぎ4枚アップ。

SUBJECT
年々、秋が短くなるような気がします
DATE
11月10日

相変わらずの泊り込み
この時期になぜか修羅場。制作の苦労話しなんか書いたとたんこれだもんなぁ
さっき担当が3日で3時間しか寝てないって…。
ちょっと休憩してピザタイム。ちなみに僕はチーズが食べらんないので出資のみ(泣)

SUBJECT
制作苦労話②+久々トリスティア
DATE
11月5日

前回の日誌で、昔の制作は1年で10万キロ走ったとか、
ツワモノどもの話しを書きましたが、 今も毎週奇跡を起こし続けているこの業界。
やっぱり苦労話しは好きなようで、「昔は大変だったよなあ」と苦労自慢に花が咲きました。
というわけで第2回。
やっぱりこれもセル画時代。
これは聞いた話しなんですが、セル画の検査上がりを撮影所に入れるときの話し。
とにかくセル画の時代はアナログアナログのどこまでいってもアナログ。
移動は多いし、セル画は重い(ダンボールひと箱でゆうに20kg以上)。
撮影でリテイクが出ればすべてセル画の検査からやり直し。
当時は携帯電話もなし。
そんな感じの時代背景。で、話しの続き。
ある撮影所の横は川が流れていたそうで、ある日、大雨で橋が車で渡れなかったそうです。
川の向こうの撮影所。
その橋の手前に次々と増えていく各社の制作。
さっきも書いたように、携帯もなかった時代。
スケジュールがなかったのは今も昔も同じこと。
呆然とたたずむ制作。
たぶんそこいいる制作のほとんどが明日には現像所につっこんで原版を組まなきゃいけないんだと思うよ。
ある制作が意を決して、おけ (よく押入れに洋服をしまうときにつかう、ディスカウントストアに売ってるアレです。) に蓋をし持ち上げたそうです。
そして、おけを頭の上に置き(これだけでも重ぇ)、水の中へ。
ほんとかなあーと思うのですが、本当らしい。
これでリテイクとか出たら、マジで膝から落ちそうな気がする…。


久々の「トリスティア」。
ノベライズの表紙と挿絵を担当させてもらいました。
表紙が小笠原君で、挿絵が結城くん、たあたんちぇっく班ですね。
たあたんちぇっくのサイトでも色々始まっていきます。是非。

たあたんちぇっくHP
http://www.ufotable.com/community/tartancheck/index.html

たあたんちぇっくブログ
http://ufotable.net/tcdiary/

SUBJECT
生き残り
DATE
11月2日

今日の話題は車。
僕等アニメーション業界の制作を営んでいるものとして、
よく話題に上がるのが、新車を買うべきか、中古車を買うべきか、の選択。
新車を買ってもまず車検までその車を乗ってることはないと言ってもいいくらいに
短期間で距離を走ります。
ただし、問題は距離ではなく事故。
最後まで生き残るかどうか?
A社の制作と話してたら
「1周(10万キロ)してくれるんだったら新車買うんだけどなぁ」って。
うちも最初は中古を買ってたのですが、やっぱり故障が多い。
中古車がダメってわけじゃないけど故障が多いし、
安い車で移動のみを手段に選んでるから乗る制作くんも愛着がわかない。
というわけで思い切ってBBなんぞを買ってみました。
CDもMDも完備でチェンジャーまでつけて。
これがフタコイの時、見事、撃沈。
「ハァ」とため息をついたものです。
もっと洒落た車を、と思ってた矢先だったのですが…。
A社は中古車オンリーで、仲のいいB社もC社もD社も同様。
E者は新車ばかりだけど、軽の一番安い、いかにも“仕事”ってやつ。
で、BBの前に買った軽なんですが、なんと8万キロを突破!
10万キロ生き抜きそうなところまできました。
現在うちの最高記録を日々更新中。
すげえ嬉しいです。
是非、1周してできる限り長生きして欲しいものです。
という気持ちも込めて、今日の感想としました。
BBの後釜として、CUBEを買ったのですが、
軽が生き残ったらもっと可愛いの買いたいな、などと思ってます。…お金貯めないと。

それでも、今は、デジタル化の恩恵を得て、
走る距離はセル画の時代と比べ圧倒的に減りました。
データ化でオンラインで飛ばしてしまうことも多いし、
実はデジタル化で作業の工程は増えているんだけれども、
作業する場所は減ってるんですね。
例えば、仕上げひとつとっても、
昔なら、仕上げと特効は別々のところにあったけれど、
今は、仕上げと特効と、撮影すら一緒になってるところが多い、という具合に。
僕もギリギリセル画をかじってる世代ですが、
さらに前の世代のツワモノタチは一年で10万キロは当然で、
車一台潰すくらいでないと一人前ではないくらいの勢いだったそうです。
アニメ業界恐るべしです。。

SUBJECT
仲間から『トリスティア』映ってた!ってメールが入ったのでご紹介
DATE
10月28日

今朝の朝日新聞の記事【映画や音楽アジアの輪-コンテンツ産業連携へ閣僚会合-】
女性の方がブースでプレゼンしている写真が掲載されているのですが、
そのプレゼンしているであろう作品のポスターが『先生のお時間』と『蒼い海のトリスティア』。
まあそれだけなんですけど(笑)、今朝、自宅で同様の 新聞に目ぇ通してきたんですけど全く気付きませんでした(笑)。
もし、朝日新聞をとられていて、気がつかなかった方は是非。

SUBJECT
『コヨーテラグタイムショー』予告
DATE
10月26日

ufotable内まんが工房“たあたんちぇっく”の第2弾!
『コヨーテラグタイムショー』連載が告知されました。
ジャンルとしてはSFアクションです。
JIVEさんのコミックラッシュで連載させてもらうこととなりましたので、
『まなびストレート』同様、宜しくお願いします。

コミックラッシュ
http://www.jive-ltd.co.jp/rush/

電撃大王
http://www.mediaworks.co.jp/magazine/enter/dai.php

たあたんちぇく
http://www.ufotable.com/community/tartancheck/

SUBJECT
『フタコイ オルタナティブ』アイキャッチ没編②
DATE
10月22日

アイキャッチ没編の第2回です。
今日は土手夕方ばかりを集めてみました。


『フタコイ オルタナティブ』が文化庁メディア芸術祭でノミネートされたとの連絡がありました。
『住めば』の時もそういう連絡が入って、VHSを送ってくれと言われ用意したことを思い出しました。
今回はキングさんが手配してくれるとのことで楽チンです。
どういう基準なのか、何がどうしてノミネートなのかわかりませんが、
ひとりでも多くの方が作品を気に入ってくれるのは嬉しいかぎりです。
ありがとうございます。
小説も良い反応が届いてるとのことでもう少し続くようです。
DVDはBOX【双樹】が発売、版権もバラの6巻目、最終巻を作業中です。

『まなびストレート』が電撃大王にていよいよ連載スタートとあいなりました。
拍手です、パチ!パチ!パチ!
準備は相当前からやっていましたが準備がかかっただけに感動も大きいです。
長くお付き合いできるようスタッフ頑張っておりますので、今後とも宜しくお願いします。
そして、近々もうひとつ発表行きます!

SUBJECT
ハードディスク整理中にて
DATE
10月17日

お昼は車で単品チキンフィレサンドを移動中にほおばったんだけど、
“サンドから湯気が見える…”
そういや随分と寒くなりました、そんなことをあらためて思ったりしました。

さてさて、スタジオのPCのハードディスクを全くといって整理せず
1年以上ほったらかしにしてたもんだから、なにかと調子が悪いです。
現在、初期化を行うために、外付けのハードディスクにデータを移動中。
忘れていた書類やらデータが眠ってる眠ってる、というわけで、
HPもリニューアル中で担当はそっちにかかりきりなようなので、
その間、没原稿やら没画像やら、公開できるものに限って見せてければと思った次第です。


今日は、『フタコイ オルタナティブ』アイキャッチ没編①。
放映で使われなかったアイキャッチ用の写真を公開です。
かなりの量を撮影していたので結構あります。
今日は手始めに触りの3枚を公開。

撮影は簡単そうに見えるのだけど、意外とというと担当の大堀には可愛そうだけど、河川敷にいけば風で人形が飛ばされるは、駅だと人の目が気になるは、色々と苦労はあったみたいです。

SUBJECT
リニューアル真っ最中
DATE
10月15日

来年の放送に向け、とにかくスタートダッシュの真っ最中。
100メートルをオリンピック選手と走ったって、10秒早くスタート切れば勝ちなわけで、とにかくスタートダッシュ。
メインの設定はほぼ終わりが見えてきましたが、
各話の設定やイメージボード、シナリオといったプリプロという作業から、
3Dのモデリング(アニメーション付けのテスト)、レイアウト上がり、まで縦にながーい列となってきました。
これからさらに、原画から作画監督チェックと回っていき、
動画、仕上げ、撮影が大口を開けて待っています。
この細くながーい列はとにかく気持ちが悪い、細い点と点を切れないように、つないでいく作業が制作の仕事のひとつなのですが、早く、太くてコンパクトな幹にしたい想いでいっぱい。
これが2作品ともまったく同じようなペース、上がってるカットの数までほとんど一緒なもんでよけい気持ちが悪い。早く進めたくて進めたくて焦る時期でないのですが、焦ります(苦)

というわけで、
今後に備えてひたすら準備中。
フロアを増やし、打合せ部屋を増やし、内装を行い、さらにコンピューターの台数を増やし、ソフトも購入し、そして、新人さんの就職活動時期ですね、随時面接を行ってたりします。

漫画の1話はすでに納品済み。今は漫画もデジタル時代。といっても、作業が軽減されたのならいいのだけど、結局いくらでも凝れる終わりのない作業を可能にしただけなのかもしれません…。
漫画のHPを今月末からオープン予定。それにあわせて、ufotableのHPもリニューアルを行っています。というわけで、現在、HPはゆったりまったり中。

今、放送中の『クラフトソード』CMのアニメーション制作を担当しました。『サモンナイト』シリーズはこれで3本連続登板をさせてもらってたのですが、なかなかスタッフだけで打ち上げも出来ずじまい。で、ようやくの打ち上げ?をしました。写真がうまく取れず、とりあえず制作藤井君の笑顔をアップ(笑)

久々のサッカー、アニメリーグ。アニメの本数が急激に増えたことにより、業界全体がスポーツどころではなくなってしまい、前回のリーグは消化するのに2年を要し、今回、半年くらいのブランクをあけ、再開。僕も『フタコイ』でフルコートのサッカーはほぼ1年ぶり。若いときに訓練したことは意外と体は忘れないもんだなあーとつくづく思いました。

シノブ伝のフィギュア。これはシークレットとのこと。なんでいまさら、とも思いますが、嬉しいです。ちょうど打合せ部屋に棚を作ったばかりなので、そこへ。

SUBJECT
ロケハン
DATE
10月3日

【アニメができるまで】を、それこそ企画書以前、アイデアレベルから、
ここで伝えてこその【制作日誌】とも思うのですが、
いかんせんアニメ化の情報解禁日との誤差は大きい。
またアニメ化情報解禁日から作り始めるようならとてもとても間にあわない。
そんな中、今、動いてる作品の内容やタイトル、等などのお知らせはもう少しかかりそうなのですが、
うまく主語を外して、少しでもアニメ(=映像作品)をつくる
“おもしろさ”だったり、
“大変さ”
“喜び”、をお伝えできればと思います。

今日は、“ロケハン”です。
車で2台、6人で行ってきました。
アイデアレベルから数えると2年近くはバタバタとやっている作品がようやく“ロケハン”を行うところまできました。
ここまでの立上げの“苦労”こそ、ここで書きたい!
と思うのですが、いずれ。
神奈川県へと足をのばしました。
坂の多い町。
下っても下ってもまだまだ底がない。
今、僕が立ってる建物の1階と、さらに下層から建ってる建物の3階が横にある、みたいな。
だから、自転車の姿はほとんどなかったですね。

『フタコイ オルタナティブ』という作品の時は、ある地域を想定した上で美術設定をおこしていったのですが、今回は逆。すでに美術設定はそれなりの点数が上がっていて、その上で、イメージに近い場所を探して、という流れ。
なので、ロケハンの目的は

1)スタッフ同士でイメージを統一するため
2)美術設定だけで町全部をカバーするためには大量の設定を必要とするため、写真でイメージできるところはやっていく

ということになります。
もちろん、いきなり作品でイメージしている場所が見つかるわけもなく、事前に調べ、制作スタッフが何箇所もでかけてはデジカメで画像を撮ってきて、「ここだ!」という場所を見つけた上での “今日の日”であります。
足を運んだキャラデの感想としては「イメージに近い」とのこと。よかった。

もう一本動いている作品は完全に空想の世界なので、ありとあらゆる場所に設定、イメージボードが必要としていて、もちろんロケハンなんて行きたくても行けません(泣)
プリプロ作業が重い重い。
例えば、昔の作品で『ポールのミラクル大作戦』(わかります?)というのがあったのですが、
毎話数毎話数、
色んな世界へ青い鳥を探しにでかけていくというもので、その度に設定が必要。
これもオリジナルだったので、さぞかし大変だったと思うわけです。
もちろん、子供の頃見た(再放送?)自分はまったくもってその苦労はわかりませんでした(苦笑)。

ロケハンは暗くなるまで時間いっぱい写真を撮りました。
とにかく、デジカメが一般的になってロケハンは便利になりました。
ロケハンで撮ってくる写真というのは、あくまでも資料というのが大半ですので、
例えば、建物を撮るとして、引きで一枚、角度を変えて数枚。そして、大事なのは建物の構造がわかるように写真を撮っておくこと。とくに背景さんが気にするのですが、どういう風に建っているかがわからないとイメージできない、と書きにくい、そうです。だからそうならない資料作りが必要。
鉄骨なのか木造なのか、梁がどういう風にかさなっているのか、そういうのがわかるように、建物の下にもぐって撮っておく。質感、素材がわかるようにも撮っておく。
そんなのを気にしながらパチパチと。
本当にデジカメになったおかけで、シャッターを切るのにためらいがなくなりました(笑)

これ以上、写真の資料が必要な場合は、個々が現地に足を運んで撮ってくる。
近場で似た場所を探して撮る。
制作が、指示をきいて撮ってくる、という流れになってきます。

スタッフは夜8時前くらいに戻ってきたのですが、全員机に戻りました。
頑張ろう!

こんな、写真としては飾ったり、記念にとっておくようなものでない、ものも撮っておきます。


creator's office ufotable