creator's office ufotable
SUBJECT
ロケ
DATE
5月3日
ゴールデンウィークの後半初日。
超イイ天気の中、資料の撮影にスタッフである場所へ。
その後はひたすらデスクワーク。気付いたらもう天辺… 24時だってんで休憩がてら制作日誌書いてます。

スタッフとロケから戻ってきて、カフェにて休憩。

カフェ。展示物をチェンジした後のギャラリー。

もっぱら買い物も行けず、映画館にも足を運べない日々ですが、
読む時間も観る時間もないのに、本とDVDは増える一方。
高円寺はマニアックな本屋やレコード屋も多いので
ご飯ついで10分立ち寄るのも気分転換にもなって最高です。
で、最近のお気に入りの本を一冊ご紹介。

『レコード・バイヤーズ・ダイアリー』
link@amazon
link@紀伊国屋

久々に燃えた。
中古レコ屋の内門氏がただただ海外に行ってレコードを買いまくる、
ただただそれだけのドキュメントなんだけど、
なんていうのかな、ロマンかなあ、熱くなったね。

タイトルにあるバイヤーとは、幻の名盤“宝”を探すようなもんじゃなくて、
日本で3000円で売れるアルバムを、 アメリカでそれより安く、極端な話し1ドルで探してきて
その差額で商売をしているだけっちゃあだけ。
なんだけど、
彼の耳を通して、海を渡ってきたレコード達は新たな聞き手に渡り、
「おおー まだこんなアルバムがあったのかー」と買い手は声をあげ、
その店のセレクトに信用が生まれ特徴づいていく。
埋もれていたレコードにあらたな価値をもうけるみたいなところが読んでてとても楽しい。
そういうバイヤーだから、ロスに行ったからって観光するわけでも、商談するわけでもなく、
ひたすらレコ屋を探しては掘り続けるのみ(笑)それがとてもいい。

うちの自宅にはまだまだ山のようにLPが残っているんだけど、
やっぱり聞くのが面倒だわ、
当然LPだからA面終わったらひっくり返さないといけないし、
i-podみたいにどっか持ってけるわけでもないし、
ぶっちゃけええとこなんて今となってはほとんどないと思う。
だが、だからこそいいところもあるよね。
ノスタルジックといわれようと
LPで聞きたい瞬間、
LPで聞きたいアルバムってやっぱりある。
久しぶり中古レコ屋にいきたくなった。

スタジオを起こした当時、制作部にはターンテーブルが置かれ、
仕事しながらレコードをかけたりというゆとりの時もありました。
ちゅうか、もっと真面目に仕事やれ、とか思ったりもするんだけど(笑)、
今回の「まなび」掃除の時に、スタジオにおきっぱになっていたアルバムが出てきました。懐かしいな。
ターンテーブルも2台出てきたので、掃除が終わったら、スタッフ用の厨房にでも置いて、
憩いの時間になればあーとも思ったりします。もちろん、スケジュールが順調だったらの話しですが…。
個人的には、日本盤の帯は愛着あったりします。
後、解説を読みたい人なので、洋楽は安くても輸入盤を買わず、もっぱら日本盤派でしたね。

SUBJECT
カフェ・ギャラリーチェンジ
DATE
4月29日

ゴールデンウィーク真っ只中。
やっぱり今年も仕事です(泣)

カフェのギャラリーはゴールデンウィークにあわせて模様替え。
展示物としては、「空の境界」キービジュアル第2弾の色稿。これがデカイ。
B全よりさらにひとまわり大きいし、色がすごくきれいにでているので興味がある方は是非。
後、「まなび」の展示する原画が新しいものにかわってたり、
ワンダーフェスティバルに出品された完成フィギュアもありましたね。
懐かしいところでは、ドッコイTシャツとか。

SUBJECT
複製原画
DATE
4月23日

電撃大王紙上で注文を受け付けていた『まなびストレート』の複製原画。
今日は色稿チェック。
淡いもの、濃くだしたもの、その間と3パターンの出力を確認。
小笠原君は淡いものをチョイス。
それはともかく、
「1万円もするの?」
「誰からも注文なんてないんじゃないんですか」
と言ってた小笠原君もビックリの注文数。
さすがに1万円、の綺麗の色味でした。

SUBJECT
ご無沙汰です。
DATE
4月21日

『まなびストレート』の放送が終わって、
今、『まなび』はDVD用話数の作業に入っています。
そして、『テイルズオブシンフォニア』と『空の境界』。

この1ヶ月くらいは色々ありすぎて、書き始めると日誌じゃなくて、
体験記とかになりそうなので、机回りの写真を撮って断片的に。

これは『まなび』の打ち上げの写真。サーバーに入ってたので拝借。
あまりに作業が厳しかった分、はっちゃけ度もハイパーでしたね。
僕は朝4時まで付き合うのでいっぱいいっぱいでしたが、
9時くらいまでやってたスタッフもたくさんいたとか。それってもう次の日……。

『まなび』DVD1巻目。
パッケージはキングレコードプロデューサーこだわりの一品。
実際、手にとってみて「いいなあ」と思いました。
発売日に間に合わすために、本編が超修羅場の中、
なんとか無理やり、小笠原君に上げてもらった記憶が蘇ります。
彼はスタジオでの泊まり込みが1週間も越えているような状況でつらかったと思います。

『テイルズ』のたて看板。スタジオの階段に置いてます。
作業はすでに2巻も大詰め。
一度、全カットの撮影を終えて、カッティング。
再度、つないだ流れを見ながら、色の調整や処理を加えていく、リッチな制作体勢で進んでいます。
2話は1話よりもさらに戦闘も多く、すごくキャッチーな出来になってると思います。

『ドラゴンシャドースペル』
OPと本編のいくつかの作業をさせてもらいました。
写真はフライトプランさんに頂いたムック本。
いまどきDVDまでついて1800円という良心的な価格設定。
ムック本は昔から好きで、いまでもよく買ってるんですが、ムック本は高くなりましたねえ。
大人になったせいもあるのですが、ムック本は高くてもいいのでこだわりのものが嬉しいです。

大掃除。
アニメは一本終わると、その素材だけでダンボール数十箱になります。
この写真は『まなび』の昔に作ったカラー素材、こんなものも出てきて懐かしい感じ。

SUBJECT
ニュータイプ
DATE
3月11日

今月のニュータイプのプレゼントコーナー、
ニュータイプ22周年を記念しての[クリエイター直筆QUOカード]で
小笠原くんが『まなびストレート』、まなびの“まっすぐゴー”のイラストで参加しています。
よろしければご応募ください。

ニュータイプってもう22周年なんですね。
早いな。1号から買ってますね。

SUBJECT
後2週
DATE
3月9日

今日は『まなびストレート』今週日曜放送分の社内試写。
放送前に視聴できることはスタッフの頑張ったことへの数少ないご褒美のひとつでしょうか。
現場はラストスパートもラストスパートの状況下。
試写には、毎週の試写を楽しみにしてやってくるスタッフ。
一息つきにくるスタッフ。
今年の新入社員で研修をスタートさせたばかりの新卒組み。
その30分も惜しんで作画机にしがみつくスタッフ。

とにもかくにも後2週。
やるだけです。

SUBJECT
まなびの髪のグラデ
DATE
3月3日

『まなびストレート』の髪のグラデーションの処理について
「あれは仕上げで特効(特殊効果)を入れてるんですか?」
って多くの方から聞かれます。
結果を先に言えば答えはNOです。
仕上げはあくまでも素材として撮影に入れて、
最終的に撮影で処理を施しています。
仕上げさんは下記 ↓な感じで色を塗って撮影さんに入れています。

頬っぺたは輪郭からはみ出すように作画で書いて、
仕上げも同様に塗って、撮影で組みをきります。
この段階では、ひじょうにエキセントリックな色ですね(笑)
この作業は色指定さんにとって困難で、名前の通り色を指定をする作業を行う者としては、
それこそ背景上がりが上がってきてから 1カット1カット色を調整する大変な作業となってしまっています。
撮影と色指定が机を並べて常にコミュニケーションをとれる環境と、その意識、連携があるからこそできるやり方だと思います。 本当に彼らは密にやりとりをしています。
で、完成は下記↓な感じになります。

カフェでは3月からギャラリーの模様替えがされたようで、
原画は『まなび』の1話の原画が飾られています。
後、放送話数までのAR台本、アフレコの時に声優さんが演技を行うダイアローグのことですね、
それを手にとって読めるようにしましたので、興味ある方は是非。
ゆっくりとお茶でも飲みながら、違った角度で『まなびストレート』を楽しんでもらえたらと思います。

SUBJECT
スタッフ(スタジオ内)探訪④
DATE
2月24日

『テイルズ』DVD告知ポスター&『まなび』番宣ポスターが届きました。

たあたんちぇっく机横。

カッティングは最終回まで終了。
最後の最後まで音と絵のマッチングにこだわり、
時間をかけてコツコツと。
またしても新曲を投入。
とにもかくにも後1ヶ月! みんな頑張ってくれてます。

SUBJECT
スタッフ(スタジオ内)探訪③
DATE
2月19日

某原画マン机。彼が担当したOPのむつきが缶をふるところは格好よかった。

某原画マン机。音速さんは未だスタジオの至るところに生き残っています(笑)

オーガスト。

某原画マン机横。確かにねむい!

先週末か先々週末だったと思うんですが、
カフェのスタッフから、
「ufotabledcafeではじめて知り合ったどうしで、アニメの話しとかしてましたよ」って聞きました。
そういうのなんかとってもイイ。
カフェのスタッフも「なんかやんなきゃ」って言ってて、
3月になったら、またギャラリーの内容をまた新しくするみたいです。


creator's office ufotable