creator's office ufotable
SUBJECT
『空の境界』改良自家製フィギュア
DATE
6月25日
うちのスタッフが、
「作りました」と式のフィギュアを持ってきました。
顔は既製品のもので、胴体は可動可能なものをくっつけて、
衣装や小物は彼の1点もの。
本気です(笑)。

それにしても出来がいい。いい感じです。
ポージングが自由なので、きっと作画参考だったりで威力を発揮してくれるでしょう。ありがとう。


6月15日で紹介しました『まなびストレート』フィギュアはufotablecafeの方に展示しました。

SUBJECT
『空の境界』キャラクターの動き参考
DATE
6月22日

昔は作品制作が始まる前、
キャラクターの動きについて、
その作品のキャラクターの個性をメインスタッフで検証。 テストという意味、関わるスタッフに伝えるため、
歩きだったり、走りだったりのパターンを作ったりしていたと聞いています。
しかし、ここ最近の業界は忙しいこともあるし、
「過去の作品のこういう感じ」という説明で済ます場合が多く見られます。
確かに、その説明で済む程にアニメーターの精度は上がりました。
もちろんそれはオールではなく、色々な見方はあると思いますが、
これだけの画面クオリティのアニメーションがテレビで
それこそ毎週何十本と流れていることに恐ろしさすら感じてしまいます。

さて、今回の『空の境界』は劇場ということもあるのですが、
式という主人公が着物を着て、
かつ独特なキャラクターということもあり
歩きパターンを作っては検証を繰り返しました。

ここにある5点
[式、横歩き]
[式、横歩きver2]
[式、後歩き]
[式、正面歩き]
[式、正面歩きver2]
は、それぞれ参考資料として残されたものです。
次のコメントは、上記の歩きパターンを作ってくれた木村くんからです。
「普通に歩かせると、式というキャラクターとしては派手に見えてしまって、
 手のふり幅にしても、歩き幅にしても、できるだけ小さく、狭く、
 とにかく地味にすることを心がけました。
 シートとしてはいわゆる3コマ中5の歩きで、
 動画枚数は1ループで12枚になります。
 本編の着物をきた演技なり動きは大変になりそうです」とのこと。

今回の歩きパターンをつくったことにより、
「高校生の式は普通に歩かすより、何かを持たせた方が様になるよね」
という検証があって、作画から絵コンテにフィードバックされることがあったり、
今後の作業として、動画さんの参考として破綻の少ない歩きの作画に少しでも貢献できたかな、と思います。

SUBJECT
『まなびストレート』WHFワンデイワイセンスのフィギュア
DATE
6月15日
WHFに出展されるかぐや姫さんから、
まなびとみかんのフィギュアのサンプルを頂きましたのでご紹介です。
ワンデイライセンスがフィギュアのイベントでは定着していってる感じですね。


SUBJECT
テイルズのコースターをプレゼント
DATE
6月8日
本日から、ufotable cafe にて、OVA『テイルズオブシンフォニア』のDVD発売に合わせて、
テイルズを特集したギャラリーがスタートしました。
内容としては、実際の作業に使用された生の原画や作監の修正、
版権の原画、商品等が展示されています。
他には、原画をカラーコピーしたものを実際に手に持ってめくることができるようになっていたり、
台本も見ることができるようになっています。
プラス、2話の映像をダイジェストで見ることができるようになってましたね。

そして、前回の日誌でご報告したように、
キャラデ松島さんの書き下ろしイラストのコースターを来てくれた方全員にプレゼントします
(なくなり次第終了します)ので、希望者は店員まで声をかけてください。


これがコースターになります。
僕も本日の昼食はカフェで、テイルズを観ながらタイ風牛しゃぶそうめんを食べました。


アニプレックスさんから『空の境界』チラシが届きました。
カフェに置いていいとのことで、先ほど店頭に置きました。
多分、日本で一番最初に手に取れると思うので、われこそは!というかたは是非。枚数的には100枚くらいです。

SUBJECT
カフェ&テイルズ祭り
DATE
6月1日
6月よりufotable cafe にて夏限定メニューがスタートしました。
詳しいメニューはカフェのHPにてアップされると思うのでご覧ください(現状、未アップ)。
ガーリックライスや、ゴーヤを使ったもの、夏野菜のパスタとか。
夏限定メニュー唯一のデザート、シャーベットは試食させてもらったのですが素晴らしかったです。

そして、6月8日のOVA『テイルズオブシンフォニア』のDVD発売に合わせて、
店内にてテイルズ祭りじゃないですが、テイルズを特集したギャラリーを設置することで現在準備中です。
今回の催しはフロンティアワークスさんの強い希望によるもので、
キャラクターデザイン松島さんがこのためだけに書き下ろした
ロイドとコレットが書かれたコースターに乗っけて、
カフェに来てくれたお客さんに、飲み物をお出しします。
まだ、完成したコースターは店に届いてないので、届き次第、お伝えするようにしますね。
テイルズのキャラクターにちなんだカクテルも開発中とカフェスタッフから聞いていますので、
そちらも楽しみにしてください。

SUBJECT
『空の境界』おはらい
DATE
5月26日
『空の境界』おはらいに行ってきました。
僕自身、業界に入ってから経験なかったのですが、
スタッフからも「やったほうがいい」という声もあり、
委員会にお願いしてセットしてもらいました。
おはらいの最中の画像はありませんが、時間にして約30分。
気持ちを整理する意味でもとてもよかったと思います。
スタッフが作品に集中して作業し、そして気持ちよくやりとげられるべく、今一度願いを込めて。




SUBJECT
『テイルズ』#2DB
DATE
5月20日
日曜というのに、本日は『テイルズ・オブ・シンフォニア』第2巻のDB。
19時から赤坂のスタジオの地下に入ってスタート。
今日は昼間暑かったので油断して薄着で、上着を持っていくのを忘れ失敗。
音響スタジオは寒いのです。
夏だろうが、冬だろうが、高価な機械に熱がたまらないように冷やし続けていて、
スタジオに入ったところで思い出した。
超寒かったです。
コーヒーがポットで置いてくれているのですが進む進む。
DB作業自体は、全カット色もついて、ほとんどのリテイク作業も済んだ状態でのぞめたのでスムーズに 天辺を越えることなく完了。やっぱり準備は大事です。
↓2話の台本。


昼間は自分の時間が取れたので近くの公園へ。
東京都心、スタジオからそんなに離れていないところにある公園なのですが、東京とは思えない光景。
水が滝のように落ちてくる施設の側はマイナスイオンのおかげか?とにかく涼しくて気持ちいい。
というわけで画像だけでもおすそ分けです。



SUBJECT
『空の境界』のモニターテスト
DATE
5月16日
『空の境界』のモニターテストで、
SONYの最新鋭かつ、最高のHDシステムを完備した試写室が出来たとのことで、
スタッフ一同で検証にでかけてきました。
検証素材としては、『空の境界』PVとプラス、[伽藍の洞/概観]や[殺人現場]といった背景素材。
その他に、[テイルズ]や[まなび]も連番データからHDサイズに変換してDLP試写を行いました。
結果からお伝えすると、驚くほどの鮮明さ。
色の再現度もすばらしく、普通のモニターなら黒でつぶれるところが全くもってつぶれない。
正直、これほどのものとは思いませんでした。
今回のテストの衝撃度はスタッフ的には高く、 公開する劇場で新しいサンプルを作成の上、 再度検証することとなりました。
この結果はまたあらためてご報告できればと思います。


SUBJECT
読売新聞
DATE
5月11日
以前、読売新聞からカフェの取材を受けたのですが、
その記事が掲載されている日付の新聞が本日郵送で届きました。
掲載は9日だったようです。
誌面の右半分はうちのを取り上げて頂いていて、
他には左上が早稲田にある[現代漫画図書館]さんと、
左下に映画館や小劇場、レストランなどを備えた複合文化施設[ラピュタ阿佐ヶ谷]さん。
“恋の長期連載”の53回目で「マンガでデート」という切り口で記事が書かれています。
興味ある方はどうぞ!と言っても、新聞なんでもう遅いか……。



SUBJECT
『空の境界』制作状況
DATE
5月10日

昨晩はタイプムーンさんにお邪魔して、キャラクターと***の打合せ。
上がったキャラクターに意見をもらい、
その場で、上がった絵(コピー)の上に、
例えば、ズボンのラインはこれくらいとかこのくらいとか、
肩のラインはもっと細く、とかを書き込みながら検証。
さらに色んな決め事のうちのひとつをFIX。
そんな打合せが続いています。
その後は、なんとなく春番のアニメの話しに。
みんなアニメ好きですね。
語りだしたら止まりません(笑)。

下の画像は、式のナイフの造作。
作画参考用に「必要だよね、買っといて」と軽く制作に伝えておいたんだけど、これが見つからない。
式の使っているナイフの形がありそうでない。
数ヶ月に渡って探したけど、本当に不思議なくらいない。
専門店に聞いたら、「この刃の長さだと包丁になっちゃうね」と言われ、
「でも、持つところはナイフだし、印象もナイフだもんね…」と言われ、
でも、スタッフと「やっぱりこのバランスがいいよね」って話しになり、結局、作りました。
今日はこれから色を塗って明日には完成。

アニメはやっぱり手間かかります(泣)。
これで少しでも作画の参考になればと。


creator's office ufotable