ufotableCINEMA

ufotableがプロデュースする、徳島市の東新町商店街にある映画館です。
徳島駅から徒歩10分、映画だけでなくグッズやフードなども販売中。

レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮

メイン画像

©Rai Com - Skira Classica - ARTE France - Camera Lucida Productions 2015


フォトギャラリー






作品紹介

今もなお世界中で小説や映画に登場し、さまざまな展覧会が開かれる、時代を超えた“謎多き天才”レオナルド・ダ・ヴィンチ。2015年には「ミラノ万博/EXPO2015」中のプログラムとして「レオナルド・ダ・ヴィンチ特別展“Leonardo 1452-1519”」が開催され再注目を集めた“世紀の天才”の偉業と知られざる人物像と謎を紐解くドキュメンタリー映画だ。
映画はある春の朝、パリのルーヴル美術館でレオナルドの傑作〈ラ・ベル・フェロニエール〉が展示室の壁から外され、ミラノ万博「レオナルド・ダ・ヴィンチ特別展“Leonardo 1452-1519”」会場へと運ばれる場面で幕を開ける。カメラはレオナルドの生まれ故郷、トスカーナのヴィンチ村から才能を開花させたフィレンツェへ、そして円熟期を過ごしたミラノへと飛ぶ。ミラノでレオナルドは〈岩窟の聖母〉や、『ダ・ヴィンチ・コード』のヒットでますます注目を集めた最高傑作〈最後の晩餐〉を描いた。またその一方で工学や自然科学に没頭し、ミラノ公ルドヴィコ・スフォルツァ(通称イル・モーロ〉のもとで軍事技術や都市計画に関するスケッチも残している。かれにとってもっとも充実した時期だ。映画には各分野の研究科が登場、レオナルドが天才と称されるゆえんを解説する。またレオナルドを取り巻く人々が登場する再現ドラマでは、彼らの目線から見たレオナルドの多才さと熱意、レオナルドが生み出そうとしたテクノロジーやそのプロセスについても着目する。
レオナルドの作品では《最後の晩餐》を世界初の4Kスキャン映像で紹介するほか、〈モナ・リザ〉、〈ラ・ベル・フェロにエール〉、〈白貂を抱く貴婦人〉、〈ウィトルウィウス的人体図〉、〈岩窟の聖母〉、〈イザベッラ・デステの肖像〉、〈聖アンナと聖母子、洗礼者ヨハネ〉、〈洗礼者ヨハネ〉に加え、100点以上の素描が見られる。名画を映し出す圧巻の映像美とともに、ミラノの街が生み出した一人の天才の魂を目撃することができる。

監督 ルカ・ルチーニ
キャスト ピエトロ・マラーニ
マリア・テレサ・フィオリオ 他
上映時間 82分
上映期間 2017年7月8日(土)~7月14日(金)
鑑賞料金 一般料金 詳しくはコチラ
公式サイト http://davinci-in-labyrinth.com/
映倫区分 G

このページの上に戻る